2017年8月16日水曜日

ルビー色

「やませ」の影響で肌寒い日が続いている東北。実家のお墓参りは、いつもは時期を前倒しして出かけるのだけど、今年はお盆の期間中に日帰りでお参りしてきた。久しぶりに会う弟たちとの気を使わないおしゃべりに楽しいひとときを過ごしてきた。

帰宅してからはとくに出かけたりしないで、家でのんびり。
なのできょうは食品庫や食器棚の整理した。気がつけば食器棚や飾り棚にはいつの間にか集まってしまったルビー色のガラスたち。

旅先などで見つけたルビーグラス

どのくらい前だったのかも忘れてしまったけれど、ジャムを入れるガラスの容器を
探していたとき、あるアンティークのお店で出会ったのが
写真のシルバーの蓋つきシュガー入れ。
この色の美しさに惹かれて集めるようになった。

子供の頃、友達の家に行くと、彼女が持っていたプラスティック製の
きれいなルビー色のおままごとセットで遊ぶのが楽しかった
まちこちゃん、どうしているかな?

2017年8月7日月曜日

想い出

8月6日
メモリアルコンサート

在りし日のH 氏

シューベルトはなんでもない音型が弾きにくくて難しいから積極的に弾きたいとは思わないな。メンデルスゾーンは和音の移り変わりを楽しむといいよ。走り出したら止まらないのがメンデルスゾーンなんだよね。

奇しくもこの日の曲目がメンデルスゾーンのカルテットとシューベルトのピアノ5重奏が入っていた。以前、合奏のトップをしていただいたことがあって室内楽のいろいろ教えていただいた。
H 氏の音楽に共感できるところが沢山あって、その音楽的センスが大好きだった。

トップの後ろ姿が H 氏
(2002 の演奏会でのスナップ)

練習での休憩時間にはおむすびのトレードしようよ。と私のおむすびとH氏お手製のあぶらげと大根菜が入ったおむすびを交換。美味しかった!大根を選ぶ時は葉っぱの立派なものを選ぶのだと、、、。今では我が家の定番おむすびになっている。行きつけの居酒屋では各地の美味しい食の話で盛り上がり、美食家だったH氏。

また、 H氏がウィーン留学中によく行っていたという「青島」という中華のお店を教えていただいたこと。ここは何を食べても美味しくて、ウィーンに行くと必ず食べに行くのが西駅近くの「青島」だった。数年前、ウィーンに着いてまず腹ごしらえしましょうとお店に行ったら中は真っ暗。あとで調べたら後継者がいなくてお店を閉めたということだった。ウィーンでの楽しみの一つにもなっていたので、その時の私たちはとてもショックだった。そのくらい美味しいお店だった。

今年7月に行われた私たちのコンサートでは たまたま H氏の好きなメンデルスゾーンを2曲演奏することになり、私自身、関節炎のことで悩んだとき、心の中では密かに H氏が後押ししてくれたと感じている。

(ヴィオリストの奥様のことばをそのまま載せます。)
彼が亡くなる1時間ほど前、意識が朦朧とする中、寝ながら「せ〜の」と言って指揮したり、私の手を握りながら左の指を動かしていたり、彼は最後の最後まで音楽家であり続けました。



遠い空の向こうでもきっと素敵な音楽を奏でているでしょうね、、、。
祈り

プログラム
モーツァルト:セレナーデ13番ト長調 K.525 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」
メンデルスゾーン:弦楽四重奏曲第5番 変ホ長調 op.44 - 3
シューベルト:ピアノ5重奏曲イ長調 D.667「ます」


帰宅したら、日中ほったらかしにされていた?
トムくんがニャーニャー言って甘えてきましたよ。

2017年8月6日日曜日

贅沢時間


きのうの朝

日の出とともに目覚め、日暮れとともに眠りにつく。年齢のせいか、最近そんな生活サイクルになってきた。きのうも、まだみんなが寝静まっている早朝、新聞屋さんもまだ来ないし〜、とりあえず庭に出て外の空気を吸う。庭で摘んだメアリーローズをグラスに挿して コーヒーを淹れればスタンバイ OK ! このところずっと気に入って聴いているラジオチューンズの Cafe de Paris 聴きながらぼんやり過ごす一人の時間。

今朝

お手入れも悪くてポツポツとしか咲いていないバラを家の中で楽しむ。
今朝はマルガリータ&ローズマリーをラウンジのテーブルに飾って
                        お花があるだけで気持ちが安らぐ

2017年8月1日火曜日

夏の帽子

青山のあるお店で開かれていた帽子の展示会で冬の帽子を買ったのがきっかけで、いつの間にか10年近くのおつき合いになる帽子屋さん。二人の方がそれぞれオリジナルのデザイン創作を手がけ、こちらの要望にもアドヴァイスをしてくださるので、自分の気に入った帽子を作ることができる。今回2年ぶりにお願いしてサンプルを送っていただいた。
今年の夏用としてはお願いする時期が遅すぎて、すでに在庫が少なくサイズの欠品もあるとのこと。


ベースになるブリムの色を決めて、どのレースを組み合わせるか、
こんなこと考えるのってすご〜く楽しい!急がないと夏が終わってしまう、、、、

2017年7月30日日曜日

暑い日は


この一週間は大好きなDVD を見たり、友人と食事に出かけたり、ジムに行ったり、mさんと絵画展に出かけたりと、ここ数ヶ月間の抑圧的な生活から解放されて、の〜んびり好きなことだけして過ごしている。
フルーツゼリー
暑い夏には必ずストックしてあるみかんや桃の缶詰を使って、超簡単ゼリーを
作ります。缶詰の汁ごと(少しだけグラニュー糖を足して)
ゼラチンで固めてハイ出来上がり〜!


暑くて食欲のない時など冷たいゼリーが疲れを取ってくれる。
自家製だと甘さも抑えられるし、我が家の夏にはよく出てくるデザート。

インターネットラジオ、オランダのクラシック FM を聴きながら
のんびり過ごす日曜の昼下がり、、、

エヴァ・ミゼルスカ
どこかで聴いたことのあるような懐かしささえ感じるチェロの音色が聴こえてきた。
ポーランド生まれの若いチェリストだった。

昔の演奏家?とおもったほど人間的で優しい音色
久しぶりに私の好きな演奏家が出てきて嬉しい!
楽しみなエヴァ・ミゼルスカさん
写真はwebからお借りしました。

2017年7月26日水曜日

美味しい頂き物



昨日、Kさんから美味しい頂き物をしました。
大粒のブルーベリーが5箱も、、、
子供達が幼稚園の頃からおつきあいの Kさんは、
いつお会いしても楽しくおしゃべりできる爽やかな人。

ヨーグルトにブルーベリーをたっぷり入れていただいたから
明日はメガネなしでも新聞が読めるかな?

どうもありがとう♪

2017年7月23日日曜日

開放感!

コンサートも無事?終わり、関節炎との戦いから解放され、久しぶりの開放感に浸る。練習したいけれど関節が痛くて練習できないジレンマとの戦いだった。痛み止めもだんだん効かなくなり、使いすぎると胃に穴が開くよ。と言われ、曲が決まってからの数か月間、これまでにないくらい辛い時間を過ごした。夜寝付けなかったり、試験で暗譜ができてなくて弾けなくなってしまった夢を見たり、睡眠不足のため夢うつつ状態で朝に目が覚めると、『えっ!今日って何日だったかしら?』とドキッとしてみたり、、、コンサートが近づくにつれ体に変調が出始め、ストレスからくると思われるまぶたの痙攣や歯茎の腫れが起きてきていた。
軟骨が磨り減りスムーズな動きができないため早いパッセージは弾きづらい、ポジションによっては特に痛みが増幅するなど七転八倒の苦しみを味わいながらぎりぎりまでメンバー交代も考えたが、今までの集大成というととても大げさだけれど、私の人生の中の1ページとして、特にメンデルスゾーンの八重奏曲にトライする価値は大きいと最終的に判断し演奏することにした。

今まで関節炎や筋肉の病で弾けなくなったチェリストが自分の体の一部としていた楽器を若いチェリストに託し、弾き続けて欲しいという話を聞いたことがあったが、自分が指を痛めるまでは実感がなく『ふ〜ん、そうなんだ、かわいそうに、、』くらいの他人事のように感じていたけれど、いざ自分がその状態になってみると、日常生活にさほど支障はないものの、今まで何十年と弾いてきた練習が思うようにできなくなることの辛さを味わうことになる。ある時期からもうコンサートでの演奏はその出来不出来ではなく、「思い」が貫けたという実感と自己満足でいいじゃないと自分に言い聞かせての練習。指が使えないことが多かったので練習の半分はイメージトレーニングだった。
本番では感極まって泣いてしまうかも、、、、、意外に涙は出なかった。聴きにいらした方には「ごめんなさい」だったかもしれないけれど、これが私の生き方なのだからと。
弾き終えた瞬間、やりきった安堵感と充実感で満たされた気持ちになった。


いま気分はすっきり爽やか〜!しばらくはゆっくり休みま〜す。
今夜からビールを片手に、大好きなダウントンやホームズのDVD三昧することにしましょう!

たくさんの花束をありがとうございました〜!


タルト・ガトー・オ・ノア
miさんのご両親から美味しい焼き菓子を頂いた。

頂いてみたらクルミがざっくざっく入っていて、、、あらエンガディナーですね!
今日はアイスティーにしたけれどエスプレッソで頂きたいな。
コクのある美味しさでした。
ごちそうさま〜!